ワーキングホリデーは1ヶ月だけでもOK?ワーホリで短期留学で行く目的、メリットはある?

おすすめ

ワーキングホリデーは1ヶ月だけでもOK?今のワーホリビザの期間について短期の滞在のメリットはある?記事で解説していきます。若者に人気のワーキングホリデーは原則1年間から、国によっては最長3年間もの間、海外で暮らすことができる制度です。結論から言うと、1ヶ月だけのワーホリはOKです。

結論から言うと、1ヶ月だけのワーホリはOK

結論から言うと、1ヶ月だけのワーホリはOKになります。ワーキングホリデーは滞在期間が1年から3年まで認められています。しかし必ず1年間滞在しなければならないわけではありません。人によっては事情もあります。1ヶ月、2ヶ月、6ヶ月など希望に合わせて期間を選ぶことができます。オーストラリアやニュージーランド、アメリカ、イギリス、フィリピンなどの各国は日本人に大人気ですが目的が重要です。

3ヶ月未満の場合は

3ヶ月未満の場合はワーキングホリデーのビザは可能ですが方法としてはあまりおすすめしません。理由は短期間ではアルバイト先を見つけるのが難しいことや、語学学校での勉強もまず成果は出ません。観光だけの目的になりやすいですから、あまりビザのメリットがないのです。そのため、ワーキングホリデーのビザではなく観光ビザがベスト。取得はもっと簡単だからです。

ワーキングホリデービザは貴重

そもそもですが、ワーキングホリデーのビザと言うのはそんなに使ってよいものではありません。実はこのビザは条件があり、1カ国1回限りしか使えないのですので必要な時にしましょう。1ヶ月だけでワーホリビザを使ってしまうと、今後、その国でのワーキングホリデーのビザは取得が不可能になります。海外生活において前もって申請が好ましいです。

初期費用は安くならない

当然ながら1か月と言う短期となれば、生活費が浮く分、少し費用は安くなります。しかし問題なのは初期費用です。滞在期間に関わらず以下の料金と言うのは100%必ず発生するため、短期だからと言って安くなるわけではないのです。浮かすことができるのはせいぜい生活費だけです。最後はそれほど変わりません。

  • ビザの取得費用
  • 航空券
  • 海外の保険
  • 学費

短期の滞在のメリットはある?

それでは何においても1か月や2か月のような短期の滞在のメリットはある?と言う話をまとめてしていきます。それぞれ項目ごとにメリットやデメリットについて解説をしていきます。真面目に語学をやりたい、文化を学びたい、さらには就職や転職をしたい方は1年以上の長期で渡航することが好ましいです。自由に感じますが以下のような問題があり、時期がもちろん大きく限られるので不安や悩みを感じる方も多いです。

語学能力は先ず伸びない

大体想像ができると思いますが、基本、短期の留学などではまず語学力が部分的にも身につくことはあり得ません。英語だろうとフランス語だろうと、多くの学校では通うにしても、1日の授業時間は4〜5時間しかないですし、それをたった1ヶ月では短かすぎます。まず能力が身につくことはないでしょう。

仕事は先ず見つからない

仕事は先ず予約しても見つからないです。仕事探しがたった1か月と言う短い期間ではまず決めるにしても会社で雇ってくれるところはありません。これはアルバイトであっても、正社員でも同じです。既に1ヶ月だけ働く先が決まっている場合は問題ないですが、そうでもない限りまず仕事はありませんので注意してください。就労は諦めてホームステイでもするしかないでしょう。

住居が見つからない

1か月と言う超短期になると、賃貸やシェアハウスなどを探すにしても、リアルで見つけるにも日本人はかなり苦労することになります。最低滞在期間などが設定されているケースもあり、2か月程度を設定していることが多いのです。現地で友達でもいない限り、見つけることは結構厳しくなります。

どうしても渡航をしたいのならやるべきこと

以上のように、現在、1か月と言う短期で海外へ行く場合は、そもそもワーキングホリデービザではなく、観光ビザが最適になります。どうしても短期でもいきたいなら、以下の点を参考にして事前に準備することをおすすめします。効率的に楽しむことができるようになります。

語学力を身につける

まずはオンラインの英会話スクールなどで英会話を始めることです。オンライン英会話はマンツーマンで、レッスンは外国人講師が担当することがほとんどですから、見つけて本気でやれば数か月でもそれなりの実量が身に付きます。入学すればレベルに応じて基本的にレッスンが可能です。卒業するまでに大学生でも高校生でも自信を持てるようになるでしょうから大丈夫です。

渡航の目的を決める

1か月と言う短期ですから、少なくとも始める前に目的を決めることが重要です。選択肢として目的を明確にしていれば、とにかく常に目的意識を持って行動できますし、海外で無駄な時間を潰して、ダラダラ過ごしてしまうと言うリスクをなくすことができます。大まかなプランを立てることがおすすめです。しっかり計画をたてないと、たくさん失敗してしまうことになります。

おすすめのエージェントはどこなのか?

それでは、じっさいに留学などにおすすめできるエージェントはどこになるのか?ということになりますが、本サイトでは以下の厳選されたエージェントをおすすめしています。段階をふんで説明会もしてくれて寄り添ってくれますので理想です。興味があれば理解するためにオリエンテーション、セミナーやイベントなども実施しているので参加してみると良いでしょう。無料で使うことができます。以下の記事でランキング形式で紹介しています。

エージェント特徴URL
ラストリゾート国内43拠点、海外にもオフィスやサロンを構えている留学エージェントラストリゾート
留学ショップ・リュックサック短気の留学に特化している留学エージェント24時間いつでも申込み【留学ショップリュックサック】
カナダジャーナルカナダ専門のエージェントカナダ現地留学エージェントの【カナダジャーナル】
MeRISE留学フィリピンのセブ島のエージェント1週間から行けるセブ島留学【MeRISE留学】
夢カナ留学留学までに英語力を高める目的でレッスンを受けられる夢カナ留学
フリーバードフィジーの留学に特化フレンドリーなフィジー人との圧倒的な会話量で英語力アップ
U-GAKU低料金の国内・海外留学プログラム国内英語留学
マルタ留学メイトマルタの留学に特化したエージェント
マルタ留学メイト
留学情報館学生の留学のサポートに力を入れている留学エージェント留学するなら手数料0円の留学情報館
CEBRIDGEフィリピンに特化した留学エージェントCEBRIDGE|フィリピン留学のお問い合わせ
スクールウィズ有名な留学エージェント英語力UPの留学エージェント「スクールウィズ」
ワーホリキャリア.com転職、留学エージェント海外経験を活かして働こう!「ワーホリキャリア.com」

コメント

タイトルとURLをコピーしました